LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2018年1月18日木曜日

JavaScriptでボタンのdisabledを操作したい


テキストボックスに何も入力されていなかったらボタンをクリックできなくしたい





クリックできなくする
element.disabled = true;

クリックできるようにする
element.disabled = false;




コード.gs
function doGet() {
  return HtmlService.createHtmlOutputFromFile("index");
}
意訳
この機能がやること
指定したHTMLファイルを表示する




index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
  <input type="text" id="tb">
  <button id="bt" disabled>ボタン</button>

  <script>
    var tb_elem = document.getElementById("tb");
    var button_elem = document.getElementById("bt");

    tb_elem.onkeyup = on_keyup;

    function on_keyup() {
      if (tb_elem.value != "") {
        button_elem.disabled = false;
      } else {
        button_elem.disabled = true;
      }
    }
  </script>
</body>
</html>
意訳
これはHTML5文書です


テキストボックスを置く
ボタンを置く(クリックを無効にしておく)


idがtbの要素(テキストボックス)を取得する
idがbtの要素(ボタン)を取得する

テキストボックスでキーが上がったらon_keyupを実行する

この機能がやること
もしテキストボックスが空なら
ボタンをクリックできない状態にする
空じゃなければ
ボタンをクリックできる状態にする







補足


クリックできなくする別の書き方
element.disabled = "disabled";


クリックできるようにする別の書き方
element.disabled = "";


参考

Button disabled Property
https://www.w3schools.com/jsref/prop_pushbutton_disabled.asp