LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2018年2月10日土曜日

Web上のファイルをGoogleドライブに保存する


Web上にあるテキストファイルのURLを指定して
Googleドライブの指定したフォルダに名前をつけて保存するコードの例です


以下のコード.gsのID, NAME, URLを指定して

  • var FOLDER_ID = "ID";
  • var FILE_NAME = "NAME";
  • var FILE_URL = "URL";

get_data()を実行すると
指定したフォルダにファイルが保存される



コード.gs
var FOLDER_ID = "ID";
var FILE_NAME = "NAME";
var FILE_URL = "URL";

function get_data() {
    var url = FILE_URL;
    var data = UrlFetchApp.fetch(url).getContentText();
    create_file(data);
}

function create_file(data) {
  var content_type = "text/plain";
  var blob = Utilities.newBlob("", content_type, FILE_NAME)
  var file = blob.setDataFromString(data, "utf-8");
  var drive = DriveApp.getFolderById(FOLDER_ID);
  drive.createFile(file);
}
意訳
保存先(Googleドライブ)のフォルダID
このファイル名で保存する
対象ファイルのURL

この機能がやること
ファイルのURLをurlに入れて
テキストデータを取得して
create_file()に渡す


この機能がやること
保存するcontent_typeを指定して
blobを作成して
dataと文字コードを渡して
Googleドライブのフォルダを取得して
ファイルを作成する



関連記事

スプレッドシートからtext/plainファイルを作ってGoogleドライブに保存する

保存したデータを読み込む方法はこちら