LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2018年2月18日日曜日

trello APIをたたいて情報を取得する


指定した情報を取得するコードの例です

REST API Introduction の中から以下6つを取得してみます
  1. ボードの中のリスト一覧
  2. ボードの中のカード一覧
  3. リストの中のカード一覧
  4. ボードの情報
  5. リストの情報
  6. カードの情報



コード.gs
var API_KEY = "API_KEY";
var TOKEN = "TOKEN";
var BASE_URL = "https://api.trello.com/1/";
var PARAMS = "?key=" + API_KEY + "&token=" + TOKEN;

var ITEM = "boards/BoardID/lists";
//var ITEM = "boards/BoardID/cards";
//var ITEM = "lists/ListID/cards";
//var ITEM = "boards/BoardID/";
//var ITEM = "lists/ListID/";
//var ITEM = "cards/CardID/";

function get_response() {
  var url = BASE_URL + INFO + PARAMS;
  var options = get_options();
  var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
  Logger.log(response);
}

function get_options(){
  var options = {
       'method': 'get',
       'muteHttpExceptions': true,
     }
  return options;
}
意訳
API_KEY
TOKEN
BASE_URL
PARAMS

ボードの中のリスト一覧
ボードの中のカード一覧
リストの中のカード一覧
ボードの情報
リストの情報
カードの情報

この機能がやること
BASE_URL + INFO + PARAMSをurlに入れて
get_options()に渡してoptionsを取得して
urlとoptionsでfetchして
返ってきたresponseをログに出す


この機能がやること
optionsのオブジェクトを作って
methodをgetにして
muteHttpExceptionsをtrueにして(エラーを投げたい場合はfalse)

返す



補足


var ITEM = "boards/Iu1jCZkQ/lists";
でボードのIDを指定してそのリスト一覧を取得しています

2〜6はコード.gsの中ではコメントアウトしています
//を消すとそれぞれの情報を取得できます


ボードのIDとは


  • ボードを開いた状態でアドレスバーのBoardIDの位置にある文字列です


リストIDとは

  • var ITEM = "boards/BoardID/lists"
    で取得したリスト一覧にIDが記載されています


カードIDとは

  • カードを表示した状態でアドレスバーのCardIDの位置にある文字列です
  • var ITEM = "boards/BoardID/cards"
  • var ITEM = "lists/ListID/cards"
    で取得したカード一覧にもIDが記載されています


参考

API Introduction
https://trello.readme.io/docs/api-introduction
  • TOKENを取得する
    • https://trello.com/app-key の Token リンクをクリックして次の画面で Allow(許可) をクリックすると取得できます

REST API Introduction
https://developers.trello.com/reference#introduction