LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2018年2月17日土曜日

asana APIをたたいてタスクの情報を取得する


asanaのAPIをたたいて指定したタスクの情報を取得するコードの例です



コード.gs
var TOKEN = "TOKEN";
var END_POINT = "https://app.asana.com/api/1.0/tasks/";

function GET_asana() {
  var headers = get_headers();
  var options = get_options(headers);
  var task_id = ID;
  var url = END_POINT + task_id;
  var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
  var jobj = JSON.parse(response);
  var task_title = jobj["data"]["name"];
  Logger.log([jobj, task_title]);
}

function get_headers() {
  var headers = {
    "Authorization": "Bearer " + TOKEN
  }
  return headers;
}

function get_options(headers) {
  var options = {
    "method": "get",
    "contentType": "application/json",
    "headers": headers,
    "muteHttpExceptions": true
  }
  return options;
}
意訳
TOKENを設定する
END_POINTを設定する

この機能がやること
get_headers()からheadersを取得して
get_email()からemailを取得して
取得するタスクIDを指定して
urlを作成して
urlにoptionsを付けてfetchする
responseをJSON.parseして
タイトルを取得して
jobjとタイトルをログに出す


この機能がやること
headersを作成して
TOKENを入れて

返す


この機能がやること
optionsのオブジェクトを作って
methodはgetにして
contentTypeはapplication/jsonにして
headersを入れて
muteHttpExceptionsをtrueにして(fetchでエラーが出ても例外を投げない)

返す



参考

GET A TASK
https://asana.com/developers/api-reference/tasks#get