LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2017年10月19日木曜日

LINE BOTでGoogle翻訳する



Google Apps Scriptの LanguageApp.translate()を利用して、入力したテキストを翻訳してくれるBOTを作ってみましょう。

以下2つの記事の組み合わせでできます。


コード.gs
var CHANNEL_ACCESS_TOKEN = "TOKEN"; 

function doPost(e) {
  var contents = e.postData.contents;
  var obj = JSON.parse(contents);
  var events = obj["events"];
  for(var i = 0; i < events.length; i++){
    if(events[i].type == "message"){
      reply_message(events[i]);
    }
  }
}

function reply_message(e) {
  var return_text;
  if(e.message.type=="text") {
    var input_text = e.message.text;
    return_text = LanguageApp.translate( input_text , "en" , "ja" );
  } else {
    return_text = "文字を入力してね"
  }
  var postData = {
    "replyToken" : e.replyToken,
    "messages" : [
      {
        "type" : "text",
        "text" : return_text
      }
    ]
  };
  var options = {
    "method" : "post",
    "headers" : {
      "Content-Type" : "application/json",
      "Authorization" : "Bearer " + CHANNEL_ACCESS_TOKEN
    },
    "payload" : JSON.stringify(postData)
  };
  UrlFetchApp.fetch("https://api.line.me/v2/bot/message/reply", options);
}

意訳.gs
アクセストークンを設定する

この処理は以下を実行する
送信されたデータの内容を取得し
そのJSONをオブジェクトに変換し
eventsを取得する
eventsの数だけ以下を繰り返す
もしtypeがmessageなら
reply_messageに渡す




この処理は以下を実行する
return_textという入れ物を作って
もし受け取ったmessageのtypeがtextなら
input_textに入れて
指定した言語で翻訳する
messageのtypeがtextでなければ
設定したテキストを返す

postDataに
replyTokenを設定し
messagesの

typeを設定し
textを設定する



optionsに
methodを設定し
headersに
Content-Typeを設定し
Authorizationを設定し

payloadにはpostDataをJSONに変換したものを設定する

optionをつけてLINEのmessage reply APIをたたく