Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2019年1月4日金曜日

Googleドライブのファイルの共有設定を変更する(setSharing(accessType, permissionType))


共有設定を手動で変更する場合は
ファイルの右上にある「共有」ボタンから行えます



今回はそれをコードで実行する方法を書きます



以下のコード.gsの例では、指定したFILE_URLのファイルの権限を
  • accessType:リンクを知っている誰でもアクセスできる(ANYONE_WITH_LINK)
  • permissionType:閲覧だけできる(VIEW)
に設定します


コード.gs
function changeSharing() {
  var fileUrl = "FILE_URL";
  var fileId = fileUrl.split("/d/")[1].split("/")[0];
  var file = DriveApp.getFileById(fileId);
  var access = DriveApp.Access.ANYONE_WITH_LINK;
  var permission = DriveApp.Permission.VIEW
  file.setSharing(access, permission);
}
意訳
この機能がやること
GoogleドライブのファイルのURLを指定して
ファイルIDを取り出して
ファイルを取得して
アクセス権限を決めて
許可する権限を決めて
設定する



changeSharing()の実行結果


<実行前>
   共有アイコン




<実行後>
   共有アイコン



補足


accessTypeとpermissionTypeについて


accessType


permissionType


関連記事


Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい3 - Insert values into the active table3

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい2 - Insert values into the active table2 上記のリンク先では、値の数に応じて行を追加しました。 In the linked article above, rows were add...