LANG SELRCT

Google Apps Scriptのコードを書く場所  (新規作成: スプレッドシート | スクリプトエディタ

2019年1月19日土曜日

Google Drive web APIを有効にする


Drive web APIをGoogle Apps Scriptで利用する場合は以下の手順で有効化できます。

Google Apps Scriptに組み込まれているDiveAppではできないことができるようになります。(Google Driveのファイルやフォルダを作成、検索、変更等)


Google Drive web APIを有効にする手順


リソース > Googleの拡張サービス



Drive APIをONにします

 Google Cloud Platform API ダッシュボード のリンクをクリックします


右側のメニューから「ライブラリ」を選択します



検索欄に「Drive」と入力して、「Google Drive API」をクリックします



「管理」になっているところが「有効にする」になっていたらクリックして有効にします



これでGoogle Apps Scriptの中でDrive.Files.insertなどが使えるようになります。


最新の投稿

GASでWebアプリを作ってローカルファイルをGoogleドライブにアップしたい(アプリを開くユーザーとファイルをアップロードするユーザーを分けたい)

Google Driveに複数ファイルをアップロードしたい(submitボタン使わない) の応用です。 GASでWebアプリを作ってローカルファイルをGoogleドライブにアップしたい 以下の条件を満たすもの 条件 アップロード先はGoogleドライブの共有フォルダ そのフォルダ...