LANG SELRCT

Google Apps Scriptのコードを書く場所  (新規作成: スプレッドシート | スクリプトエディタ

2019年1月9日水曜日

現在地の緯度, 経度を取得する(Geolocation API)


Geolocation APIで現在地の緯度, 経度を取得してアラートに表示してみる





コード.gs
function doGet() {
  return HtmlService.createHtmlOutputFromFile("index");
}
意訳
この機能がやること
指定したHTMLファイルを表示する




index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
<button id="bt">get</button>
  <script>
    document.getElementById('bt').onclick = currentPosition

    function currentPosition() {
      navigator.geolocation.getCurrentPosition(success);
    }

    function success(position) {
      var latitude = position.coords.latitude;
      var longitude = position.coords.longitude;
      alert([latitude, longitude]);
    }
  </script>
</body>
</html>
意訳
  


getボタンを置く

getボタンをクリックしたらcurrentPositionを実行する

この機能がやること
現在地を取得してsuccessに渡す


この機能がやること
渡された現在地の緯度を取得して
渡された現在地の経度を取得して
アラートに表示する






getボタンをクリックすると現在地の緯度, 経度がアラートに表示されます


補足

参考にしたGeolocation APIのページにも記載されていましたが、HTTPSで利用できるようです



geolocation-api.html:797 [Deprecation] getCurrentPosition() and watchPosition() no longer work on insecure origins. To use this feature, you should consider switching your application to a secure origin, such as HTTPS. See https://goo.gl/rStTGz for more details.


参考

Geolocation API
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Geolocation/Using_geolocation
Secure context
This feature is available only in secure contexts (HTTPS), in some or all supporting browsers.

Geolocation.getCurrentPosition()


最新の投稿

Pixel 5でSuicaが使えないときはGoogle PayでSuicaを有効にしてみる

Pixel 5への機種変でSuicaが使えない人向けに書きました。 MISSION Pixel 5でSuicaを使えるようにする SOLUTION 旧端末で機種変更の設定を行う NFCをオンにする Google PayでSuicaを有効にする PROBLEMS 以前...