LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2018年12月11日火曜日

GoogleスライドをHTMLに埋め込みたい


以下の記事で利用したスライドの埋め込みについて書きます。

スプレッドシートのA1に入力した場所の地図をメールで送る(コードラボのサンプル)



ファイル > ウェブに公開を選択します


埋め込むタグを選択して「公開」をクリックします


スライドのサイズを選択できて「カスタム」を選択すると


例えば「幅」を800にして
別の場所をクリックしてフォーカスを移動すると
「高さ」を自動的に計算してくれます


「OK」をクリックします


このようなiframeのタグが作成されます

このタグをコピーしてHTMLファイルに貼り付けます。



埋め込んだページを開くとこのように表示されます



HTML Serviceで貼り付けてみる例

コード.gs
function doGet() {
  return HtmlService.createHtmlOutputFromFile("index");
}
意訳
この機能がやること
指定したHTMLファイルを表示する




index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
  <iframe src="https://docs.google.com/presentation/d/e/2PACX-1vQ0G6gPOArJeGuxxgD4WFNoSIGJ3KKcFcACo1HtHzTC-PS8VdfxVm49JEFPz4vHfs0Wy46qo0hs5uCi/embed?start=false&loop=false&delayms=3000" frameborder="0" width="800" height="479" allowfullscreen="true" mozallowfullscreen="true" webkitallowfullscreen="true"></iframe>
</body>
</html>
意訳
 


iframeを配置する




関連記事


参考

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームを公開する
https://support.google.com/docs/answer/183965?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja