Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2018年12月5日水曜日

WorkplaceのAPIのアクセストークンを取得する


WorkplaceのAPIを利用する際に必要なアクセストークンの取得方法について書きます。

公式のリファレンスで以下のCustom Integrationsのページに書かれていますが
キャプチャが欲しかったのでスクショを取りながらやっていきます

Custom Integrations
https://developers.facebook.com/docs/workplace/custom-integrations-new



前提として
APIの利用はプレミアムプランのみとなっているようです。
https://www.facebook.com/workplace/pricing?path=pricing

プレミアムプランは@gmail.comでは登録できず、独自ドメインで登録する必要があったため、所有している独自ドメインで登録して試しています。

integrationsの設定を変更するには管理者権限を持っている必要があります。



WorkplaceでAdmin Panelを開きます


Integrationsを開きます


Create Custom Integrationをクリックします


任意の「Name」と「Description」を入力して「Create」をクリックします


こういう画面が開くので「Create Access Token」をクリックします


アクセストークンが発行されます
「Copy」でクリップボードにコピーして
内容を読んで理解したら「I understand」にチェックして
「Done」をクリックします

これでアクセストークンを取得できました


Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい3 - Insert values into the active table3

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい2 - Insert values into the active table2 上記のリンク先では、値の数に応じて行を追加しました。 In the linked article above, rows were add...