LANG SELRCT

Google Apps Scriptのコードを書く場所  (新規作成: スプレッドシート | スクリプトエディタ

2018年12月5日水曜日

WorkplaceのAPIのアクセストークンを取得する


WorkplaceのAPIを利用する際に必要なアクセストークンの取得方法について書きます。

公式のリファレンスで以下のCustom Integrationsのページに書かれていますが
キャプチャが欲しかったのでスクショを取りながらやっていきます

Custom Integrations
https://developers.facebook.com/docs/workplace/custom-integrations-new



前提として
APIの利用はプレミアムプランのみとなっているようです。
https://www.facebook.com/workplace/pricing?path=pricing

プレミアムプランは@gmail.comでは登録できず、独自ドメインで登録する必要があったため、所有している独自ドメインで登録して試しています。

integrationsの設定を変更するには管理者権限を持っている必要があります。



WorkplaceでAdmin Panelを開きます


Integrationsを開きます


Create Custom Integrationをクリックします


任意の「Name」と「Description」を入力して「Create」をクリックします


こういう画面が開くので「Create Access Token」をクリックします


アクセストークンが発行されます
「Copy」でクリップボードにコピーして
内容を読んで理解したら「I understand」にチェックして
「Done」をクリックします

これでアクセストークンを取得できました


最新の投稿

JIRA API でOAuth2.0を利用してみる(add "offline_access" to get refresh token)

Atlassian User Community Tokyo Advent Calendar 2022 18日目に投稿しました。 この記事では、JIRA APIのOAuth2.0における アクセストークンの取得方法と使い方 リフレッシュトークンの取得方法と使い方 について手元で...