Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2020年6月20日土曜日

データポータルでわからないことを英語で検索してみる


データポータルは日本語の情報が少なくて、欲しい情報がなかなか見つかりません。
そもそもまだ日本語では存在しない情報もあります。
英語のヘルプが先に更新されたり、日本では使っている人がまだ少なかったり。


そのため、英語のヘルプページや英語でGoogle検索すると参考になる情報が見つかることがあります。

とはいえ、存在しない情報は探しても見つからないため、エラーやまだよくわからない仕様に日々ぶつかりまくっていて、それらをこのブログでも書き残しています。

自分のためでもあり同じところで躓く人のためにもなれば価値はあるかなと思っています。


ちなみに日本では「データスタジオ」から「データポータル」に名称が変わりましたが、海外ではData Studioのまま使われているようなので、検索するときはData Studioで検索しています。


英語で検索するときのTIPS
  1. Googleアカウントの言語設定をEnglishにするとデータポータルを英語表記にできます
  2. 知りたい項目について英語でどんな単語で表現されているのか確認できます
  3. 例えば「指標」は「metric」、「オプションの指標」は「optional metrics」
  4. 英語が多少読めなくてもGoogle翻訳等で大体の意味はつかめると思います

言語をEnglishにして英語表記に変えたレポートの編集画面



関連記事


Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい4 - Insert values into the active table4

以下リンク先の2と3では、それぞれ行の追加と削除を行いました。 In the linked articles below, rows were added in example 2 and deleted in example 3. Google Slidesで現在選択している表...