LANG SELRCT

Google Apps Scriptのコードを書く場所  (新規作成: スプレッドシート | スクリプトエディタ

2020年6月21日日曜日

データポータルの計算フィールドは2種類ある(データソースに追加とグラフに追加)


(data source: Google Analytics)

データポータルの計算フィールド
  1. データソースに追加する
  2. グラフに追加する

データソースに追加する場合の計算式


グラフに追加する場合の計算式




それぞれの計算式を書くまでのSTEP


データソースに追加する


STEP1
リソース > 追加済みのデータソースの管理


または
データ > 使用可能な項目 > フィールドを追加


STEP2
フィールドを追加をクリックします


STEP3
ここに計算式を書きます


グラフに追加する


STEP1
ディメンションを追加をクリックします


STEP2
フィールドを作成をクリックします


STEP3
ここに計算式を書きます



APPENDIX

データポータルの計算フィールドとグラフ固有の計算フィールドの比較

上記のヘルプにも書かれていますが


データソースに追加する場合
  • 同じデータソースを使用するすべてのレポートで使える
  • 他の計算フィールドで使える
  • 統合データと組み合わせることはできない
  • そのデータソースの編集権限がないと作成、編集できない

グラフに追加する場合
  • 作成先のグラフの中でしか使えない
  • 他の計算フィールドで使えない
  • 統合データと組み合わせることができる
  • データソースの編集権限がなくてもフィールドを作成できる
    • レポートの編集権限は必要


参考

計算フィールドについて

データポータルの計算フィールドとグラフ固有の計算フィールドの比較

計算フィールドの追加、編集、トラブルシューティング

最新の投稿

JIRAのAutomation rulesでglobal ruleとmultiple projectsには実行Limitがあるらしい(スタンダードプラン)

JIRAのスタンダードプランの場合 Automation rulesのScopeの設定で、multi-project か global rule だと実行数のLimitにかかる可能性があります。 Single-project なら使用量にカウントされないようです。 Limitにか...