LANG SELRCT

コードを書く場所

2018年12月16日日曜日

PropertiesServiceを使ってスクリプトのプロパティにSecretKeyを保存しておく


スクリプトのプロパティの場所と保存・取得の方法について書きます
storageとしてデータの読み書きができるので便利です

ブログやGithub等でコードを公開するときにも
トークンなどの機密情報をコードにべた書きして消したり消し忘れたりなどを心配しなくてよくなります


スクリプトのプロパティを使ってみる

どこにあるかというとここにあります↓

ファイル > プロジェクトのプロパティを開きます


スクリプトのプロパティタブを開きます

「行を追加」してプロパティの名前(例ではtoken)と値(abc)を入れて「保存」します

どうやって取得するかというと
以下のコードで取得することができます↓


コード.gs
function get_token() {
  return PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('token')
}
意訳
この機能がやること
スクリプトのプロパティからtokenを取得して返す



確認のためにログに出してみると

コード.gs
function run() {
  var token = get_token();
  Logger.log(token);
}

function get_token() {
  return PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('token');
}

意訳
この機能がやること
get_token()から返ってきた値を
ログに出す


この機能がやること
スクリプトのプロパティからtokenを取得して返す




run()を実行した結果
保存した値がログに出ます



関連

PropertiesServiceにデータを保存して次回実行時に読み込む
ScriptPropertiesを読み書きしてみる


参考

Properties Service
https://developers.google.com/apps-script/reference/properties/