LANG SELRCT

コードを書く場所

2020年2月17日月曜日

JIRAで複数の課題の変更履歴をシートに書き出したい(ステータス変更だけ)


JIRAで複数の課題の変更履歴をシートに書き出したい
ではすべての変更履歴を取得しました。

今回はfieldが「status」の場合だけシートに書き出したい。



作成時のステータス取得について

今回は下記の方法で取得しています。

  • 作成時の配列を以下のように用意しておく
    • var firstLine = [key, "status", currentStatus, "-", issueCreated];
  • 変更履歴がない場合
    • 現在のステータスをfromの位置(配列の2番目)に代入します
  • 変更履歴がある場合
    • 最初の変更履歴からfromの値を取得して代入します




コード.gs
var ISSUE_URL = 'https://SITENAME.atlassian.net/rest/api/2/issue/';
var ss_url = "https://docs.google.com/spreadsheets/d/SPREADSHEET_ID/edit#gid=0";

/************************************
これを実行する
************************************/
function getIssuesHistories() {
  var keys = ["KT-12", "KT-13", "KT-14"];// 対象の課題キーたち
  var arrays = [];
  for(var i = 0; i < keys.length; i++) {
    var key = keys[i];
    getIssueHistories(key);
  }
}

/************************************
受け取った課題keyをgetHistoriesに渡して結果をシートに書き込む
************************************/
function getIssueHistories(key){
  var response = getHistories(key);
  var jobj = JSON.parse(response);
  var histories = jobj["changelog"]["histories"];
  var issueCreated = returnFormatDate(jobj["fields"]["created"]);
  var currentStatus = jobj["fields"]["status"]["name"];
  var arrays = [];
  var firstLine = [key, "status", currentStatus, "-", issueCreated];// この課題の最初の配列を用意する(changelogは変更履歴なので、作成時の記録は含まれないためここで作っておく)
  for(var i = 0; i < histories.length; i++) {
    var history = histories[i];
    var created = returnFormatDate(history["created"]);
    var items = history["items"];
    for(var j = 0; j < items.length; j++) {
      var item = items[j];
      var field = item["field"];
      var from = item["fromString"];
      var to = item["toString"];
      if(field === "status") {
        arrays.push([key, field, from, to, created]);
      }
    }
  }
  
  // changelogがなければ現在のステータスでよいが、変更された場合は変更前のfromが最初のステータスになるのでここで書き換える
  if(arrays.length >= 2) {// arraysの初期lengthは1で、changelogが増える度に+1となるため、2以上なら
    firstLine[2] = arrays[1][2];// 最初の配列の2番目である"from"を書き換える
  }
  
  arrays.push(firstLine);// 最初の行をarrays配列に追加する
  setValuesToSheet(arrays);
}

/************************************
履歴を取得して返す
************************************/
function getHistories(key) {
  var options = {
    contentType: "application/json",
    headers: {"Authorization": " Basic " + getProp("token")}
  };
  var url = ISSUE_URL + key + '?expand=changelog';
  var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
  return response;
}


/************************************
シートに書き込む
************************************/
function setValuesToSheet(arrays){
  var sheet = SpreadsheetApp.openByUrl(ss_url).getSheets()[0];
  var last_row = sheet.getLastRow();
  var start_row = last_row + 1;
  var start_col = 1;
  var num_rows = arrays.length;
  var num_cols = arrays[0].length;
  var range = sheet.getRange(start_row, start_col, num_rows, num_cols);
  range.setValues(arrays);
}


/************************************
日付をフォーマットして返す
************************************/
function returnFormatDate(date) {
  return Utilities.formatDate(new Date(date), 'Asia/Tokyo', 'yyyy/MM/dd/HH:mm:ss');
}


/************************************
受け取ったkeyの値をスクリプトのプロパティから返す
************************************/
function getProp(key) {
  return PropertiesService.getScriptProperties().getProperty(key);
}




関連記事

JIRAで複数の課題の変更履歴をシートに書き出したい

最新の投稿

デフォルトのGCPプロジェクトを標準のGCPプロジェクトに切り替えたい

Google Apps ScriptではデフォルトのGCPプロジェクトを標準のGCPプロジェクトに切り替えることができる。 順を追ってやってみたので、ステップ化して書き残しておきます。 STEP1 標準のGCPプロジェクトについて確認する まずは、St...