Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2018年3月3日土曜日

switch文を使う


もし〜だったら...する文をswitchを使って書く例

switch(条件){
  case "値":
    処理
    break;
  case "値":
    処理
    break;
  default: 処理
}

valueの中身によってログに出すテキストを出し分ける


コード.gs
function conditional4() {
  var value = "はれ";
  var result = "";
  switch (value) {
  case "はれ":
    result = "Sunny";
      break;
  case "あめ":
    result = "Rainy";
      break;
  default:
    result = "Others";
      break;
  }
  Logger.log(result);
}

意訳
この機能がやること
valueに はれ を入れる
resultの入れ物を用意する
valueの中身によって場合分けをする
はれ の場合
resultにSunnyを入れて
switch文から抜ける
あめ の場合
resultにRainyを入れて
switch文から抜ける
一致しなければ
resultにOthersを入れて
switch文から抜ける

resultをログに出す





実行すると以下のようなログが出る


参考

switch
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Statements/switch


Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい3 - Insert values into the active table3

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい2 - Insert values into the active table2 上記のリンク先では、値の数に応じて行を追加しました。 In the linked article above, rows were add...