Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2018年3月3日土曜日

オブジェクトのプロパティ名から値を取得する


オブジェクトのプロパティ名(key)に一致する場合はその値を返す


keyの中身によってログに出すテキストを出し分ける


コード.gs
function conditional5(){
  var key = "はれ";
  
  var obj = {
    "はれ": "Sunny",
    "あめ": "Rainy",
    "くもり": "Cloudy"
  }
  
  var result = obj[key];
  if(result == undefined){
    result = "Others";
  }
  Logger.log(result);
}
意訳
この機能がやること
keyを決める

objを用意する





resultにobjの指定したkeyの値を入れて
もしundefinedなら
resultにOthersを入れ直す

resultをログに出す


objの中でkeyに一致するものがなければundefinedが返ってくるので
undefinedが返ってきた時はresultにOthersを入れています


実行すると以下のようなログが出る



Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい4 - Insert values into the active table4

以下リンク先の2と3では、それぞれ行の追加と削除を行いました。 In the linked articles below, rows were added in example 2 and deleted in example 3. Google Slidesで現在選択している表...