LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2017年12月9日土曜日

現在日時を取得する new Date()とUtilities.formatDate


new Date()で現在の日時を取得して
ログに出すコードの例です


コード.gs
function get_date() {
  var date = new Date();
  Logger.log(date);
}
意訳
この処理は以下を実行する
現在の日時を取得して
ログに出す



おまけ


日時をフォーマットする




Google Apps ScriptのUtilities.formatDate()を利用して
日時を指定した形式にフォーマットしてみます


コード.gs
function get_date() {
  var date = new Date();
  var format = Utilities.formatDate(date, 'Asia/Tokyo', 'yyyy/MM/dd/HH:mm:ss');
  Logger.log(format);
}


'Asia/Tokyo'
でtimeZoneを指定して


'yyyy/MM/dd/HH:mm:ss'
でフォーマットを指定

ちなみにそれぞれが意味するものを調べるとこんな感じでした
yyyy:西暦4桁
MM:月2桁
dd:日2桁
HH:時間2桁(0〜23) ここをhhにすると(0〜12)
mm:分2桁
ss:秒2桁



参考

formatDate(date, timeZone, format)
https://developers.google.com/apps-script/reference/utilities/utilities#formatDate(Date,String,String)

TimeZoneの一覧
List of tz database time zones
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_tz_database_time_zones