Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2021年3月2日火曜日

JIRAのカンバンボードで次世代プロジェクトの課題が表示されないときは、サブフィルターを空にしてみる


(コードを使う話ではありません)

クラシック・次世代、両プロジェクトの課題を一つのカンバンボードに表示したい。

と思ってやってみたら
次世代プロジェクトの課題が表示されないという壁にぶつかりました。


解決方法

カンバン ボード サブフィルターに入っている
fixVersion in unreleasedVersions() OR fixVersion is EMPTY
を削除する。


今回やった手順

STEP1
ボード設定の「基本メニュー」の下の方に
カンバン ボード サブフィルター があります。


STEP2
フィルタの条件部分にマウスポインタを移動すると
右端に鉛筆アイコンが表示されます。
それをクリックして編集します。


STEP3
fixVersion in unreleasedVersions() OR fixVersion is EMPTY
という条件を削除して「更新」をクリックします。


サブフィルタがありません
という状態になります。

これで
クラシック・次世代、両プロジェクトの課題を一つのカンバンボードに表示できました。


補足

サブフィルターの設定だけでなく、「列」のマッピングも確認
  1. ボード設定の「列」を開きます
  2. 右端の「課題を含むステータス」を確認します
  3. 対象のステータスの課題がそこにあると、ボードの列に表示されません
  4. 表示したい列にドラッグ&ドロップして追加すると、ボードに表示されます





「列」のマッピングをしているのに
次世代プロジェクトの課題がボードに表示されない場合は
本投稿のカンバン ボード サブフィルターを空にすると表示されるようになるかも。


参考

Any way to include next-gen issues in a classic board ?
https://community.atlassian.com/t5/Jira-questions/Any-way-to-include-next-gen-issues-in-a-classic-board/qaq-p/1012688

Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい3 - Insert values into the active table3

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい2 - Insert values into the active table2 上記のリンク先では、値の数に応じて行を追加しました。 In the linked article above, rows were add...