Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2021年2月28日日曜日

Google Apps Scriptでトリガーを作成したい(1分後に実行して自動で削除する after(1000 * 60))


timeBased().after()を使ってみる。



コード.gs
function setTrigger() {
  const trigger = ScriptApp.newTrigger('myFunction')
    .timeBased()
    .after(1000 * 60)// 1分後にmyFunctinを実行する
    .create();
}

function myFunction() {
  console.log("myFunctionが実行されました。");
  deleteTrigger("myFunction");// トリガーを削除する
}

function deleteTrigger(functionName) {
  const allTriggers = ScriptApp.getProjectTriggers();
  for (let i = 0; i < allTriggers.length; i++) {
    if (allTriggers[i].getHandlerFunction() == functionName) {
      ScriptApp.deleteTrigger(allTriggers[i]);
      console.log("deleteTriggerを実行して、myFunctionのトリガーを削除しました。");
      break;
    }
  }
}




setTriggerを実行すると


myFunctionが登録されます。
このトリガーが実行されるのは
after(1000 * 60)
で設定したミリ秒後です。


そして
myFunctionが実行されると
deleteTrigger("myFunction");
が実行されて
トリガーから削除されます。





Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい3 - Insert values into the active table3

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい2 - Insert values into the active table2 上記のリンク先では、値の数に応じて行を追加しました。 In the linked article above, rows were add...