Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2019年8月31日土曜日

zendeskで指定した担当者のチケットをAPIで取得したい


指定した担当者のチケットを取得する例を書きました。

https://EXAMPLE.zendesk.com/api/v2/search.json?page=1&query=created>2019-01-01%20type:ticket%20assignee:386276247732



リクエスト
https://EXAMPLE.zendesk.com/api/v2/search.json?
page=1&
query=created>2019-01-01%20
type:ticket%20
assignee:386276247732
意訳
各自のzendeskの結果をJSONで返す
結果の1ページ目
created>2019-01-01
チケット
担当者の名前やIDなど


assigneeについて(チケットの検索)
割り当てられたエージェントまたはその他のエンティティ。「none」、「me」、ユーザー名(フルネームまたは一部)、メールアドレス、ユーザーID、または電話番号を指定できます。


関連記事

zendeskで特定日以降のチケットをAPIで取得したい
zendeskで指定したグループのチケットをAPIで取得したい


参考

チケットの検索
https://support.zendesk.com/hc/ja/articles/203663206-%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%A4%9C%E7%B4%A2

Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい4 - Insert values into the active table4

以下リンク先の2と3では、それぞれ行の追加と削除を行いました。 In the linked articles below, rows were added in example 2 and deleted in example 3. Google Slidesで現在選択している表...