Apps Script公式リファレンス: Apps Script Reference |障害・課題追跡: IssueTracker |Google Workspace: Status Dashboard - Summary

2018年6月3日日曜日

document.getElementByIdを短くための関数を用意してみる


document.getElementByIdを毎回書いたりコピペしたりするので
id名を渡して要素を取得する関数を書いてみる


function get_elem(id){
  return document.getElementById(id);
}



コード.gs
function doGet() {
  return HtmlService.createHtmlOutputFromFile("index");
}
意訳
この機能がやること
指定したHTMLファイルを表示する




index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
  <body>
    <button id="bt">ボタン</button>
    <script>
    function get_elem(id){
      return document.getElementById(id);
    }
    var bt = get_elem("bt");
    bt.onclick = bt_clicked;
    
    function bt_clicked(){
      alert("hello");
    }
    </script>
  </body>
</html>

意訳
 

ボタン

この機能がやること
受け取ったidの要素を取得して返す

id名"bt"をget_elemに渡して結果を得る
btがクリックされたらbt_clickedを実行する

この機能がやること
hello をアラートに出す






Latest post

Google Slidesで現在選択している表に値を入れたい4 - Insert values into the active table4

以下リンク先の2と3では、それぞれ行の追加と削除を行いました。 In the linked articles below, rows were added in example 2 and deleted in example 3. Google Slidesで現在選択している表...