LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2018年4月22日日曜日

Mathオブジェクトの備忘録


忘れがちなので使いそうなMathオブジェクトの備忘録


小数点以下切り捨て: Math.floor()
小数点以下切り上げ: Math.ceil()
小数点以下四捨五入: Math.round()

ランダムな数字: Math.random()
平方根: Math.sqrt()



コード.gs
function myFunction() {
  var Math_floor = Math.floor(1.55);
  Logger.log(Math_floor);

  var Math_floor2 = Math.floor((1.55) * 10) / 10;
  Logger.log(Math_floor2);

  var Math_ceil = Math.ceil(1.55);
  Logger.log(Math_ceil);

  var Math_ceil2 = Math.ceil((1.55) * 10) / 10;
  Logger.log(Math_ceil2);

  var Math_round = Math.round(1.55);
  Logger.log(Math_round);

  var Math_round2 = Math.round((1.55) * 10) / 10;
  Logger.log(Math_round2);

  var Math_random = Math.random()
  Logger.log(Math_random);

  var Math_squrt = Math.sqrt(9)
  Logger.log(Math_squrt);
}
意訳
この機能がやること
小数点第1以下の値を切り捨てて
ログに出す

小数点第2以下の値を切り捨て(引数の値を10倍して小数点の一を左に1つ移動してから小数点以下を切り捨てた値を10で割る)
ログに出す

小数点第1以下の値を切り上げて
ログに出す

小数点第2以下の値を切り上げ
ログに出す

小数点第1以下の値を四捨五入して
ログに出す

小数点第2以下の値を四捨五入して
ログに出す

0以上1未満の乱数を
ログに出す

引数の平方根を
ログに出す




実行結果