LANG SELRCT

コードを書く場所

2020年5月8日金曜日

データポータルでレポートを作成する最初の一歩


既存のテンプレートを使わず、空のレポートを作成する手順です。


データソースを指定してレポートに追加するところまでをやります。


データポータルのホーム画面
https://datastudio.google.com/u/0/navigation/reporting


STEP1
ホーム画面で空のレポートをクリックします。



STEP2
データソースとして追加したいサービスを選択します。
この例ではGoogleアナリティクスを選択します。


STEP3
アカウント→プロパティ→表示の順で選択して「追加」をクリックします。
Googleアナリティクスを利用していない場合は、Googleスプレッドシートを選択して、テーブル構造のシートを読み込んでみましょう。


STEP4
「レポートに追加」をクリックします。




これでレポートが作成されて表がひとつ配置されました。



このあとは基本的に以下のようなことを決めていきます。
  1. レポートにグラフなどのパーツを追加する
  2. データの何を視覚化するか決める(ディメンション・指標)
  3. どのように視覚化するかグラフや表などを決める
  4. スタイルを決める
  5. 好きなように配置する
  6. 複数ページのレポートを作る
  7. 共有設定を決める

公式ヘルプには4分程の導入動画もあるので見ておきましょう。

データポータルの基本操作
https://support.google.com/datastudio/answer/6283323?hl=ja


Appendix


追加できるグラフなどのパーツは挿入メニューにまとまっています。


視覚化するデータの設定はこのような項目があります。
  • ディメンションでデータの項目のどれを対象にするか決める
  • 数値化する指標を決める
  • 並べ替えやフィルタなどでデータの見せ方を決める


グラフや表はここで変更できます。


グラフや表によって項目は異なりますが、スタイルはこのような項目があります。
  • 背景色や線の色を決める
  • フォントサイズ
  • 中央・左右寄せなどの設定


参考

データポータルへようこそ
https://support.google.com/datastudio/answer/6283323?hl=ja

最新の投稿

JIRA APIをブラウザでたたきたい

ブラウザでJIRA APIのJQL結果を取得したい場合 JIRAにログインしている状態で以下のようにアクセスすると取得できました。 https:// SITENAME .atlassian.net/rest/api/3/search?jql= project=KT&...