LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2017年10月21日土曜日

LINE BOTで「画像」を表示する



指定した画像をLINE BOTで表示するということをやってみましょう

公式リファレンスでここに書かれていることを実際にやってみます



LINE BOTをつくる方法はこちらの記事にまとめました

以下のコードは、何かテキストを入力すると指定した画像が返ってくる例です


コード.gs
var CHANNEL_ACCESS_TOKEN = "TOKEN"; 
 
function doPost(e) {
  var contents = e.postData.contents;
  var obj = JSON.parse(contents);
  var events = obj["events"];
  for (var i = 0; i < events.length; i++) {
    if (events[i].type == "message") {
      reply_message(events[i]);
    }
  }
}

function reply_message(e) {
  var postData = {
    "replyToken": e.replyToken,
    "messages": [{
      "type": "image",
      "originalContentUrl": "https://~.png",
      "previewImageUrl": "https://~.png"
    }]
  };
  var options = {
    "method": "post",
    "headers": {
      "Content-Type": "application/json",
      "Authorization": "Bearer " + CHANNEL_ACCESS_TOKEN
    },
    "payload": JSON.stringify(postData)
  };
  UrlFetchApp.fetch("https://api.line.me/v2/bot/message/reply", options);
}

意訳.gs
アクセストークンを設定する

この処理は以下を実行する
送信されたデータの内容を取得し
そのJSONをオブジェクトに変換し
eventsを取得する
eventsの数だけ以下を繰り返す
もしtypeがmessageなら
reply_messageに渡す




この処理は以下を実行する
postDataに
replyTokenを設定し
messagesの
typeを設定し
originalContentUrlを設定し
previewImageUrlを設定する


optionsに
methodを設定し
headersに
Content-Typeを設定し
Authorizationを設定し

payloadにはpostDataをJSONに変換したものを設定する

optionをつけてLINEのmessage reply APIをたたく



画像のURLについて - https -


表示したい画像のURLが「https」から始まっていることが前提です


※「http」から始まっている画像は表示できないようです