LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2017年10月21日土曜日

Google Maps Serviceで特定の場所の情報を取得する

Google Apps ScriptのMaps Serviceを利用して
「羽田空港」の場所の住所と緯度と経度を取得してみます


コード.gs
function myFunction() {
  var geocode = Maps.newGeocoder()
    .setLanguage("ja")
    .geocode("羽田空港");
  var geo = geocode.results[0];
  var addresstext = geo.formatted_address;
  var geodata = geo.geometry;
  var latitude = geodata.location.lat;
  var longitude = geodata.location.lng;
  var data = {
    "address": addresstext,
    "latitude": latitude,
    "longitude": longitude
  }
  Logger.log(data);
}
意訳.gs
この処理は以下を実行する
新しい地理情報を作り
言語を設定する
場所を設定する
地理情報の0番目の
住所を取得し
geometryを取得し
その緯度を取得し
その経度を取得し
dataに
住所を入れ
緯度を入れ
経度を入れ

ログに出す


geocodeの中身を見てみる


コード.gs
function myFunction() {
  var geocode = Maps.newGeocoder()
    .setLanguage("ja")
    .geocode("羽田空港");
  Logger.log(geocode);
}
意訳.gs
この処理は以下を実行する
新しい地理情報を作り
言語を設定する
場所を設定する
それをログに出す


ログを見るとこのようになっています

今回取得したのは
formatted_addressと
geometryの中のlocationの中のlatとlngでしたが
上記ログ内の情報も指定して取得することができます