LANG SELRCT

コードを書く場所についてはこちら

2017年10月15日日曜日

スプレッドシートの編集者、閲覧者、オーナーを取得する

スプレッドシートの共有範囲と権限を取得する場合はこちらをクリック
↑Click here if you want getSharingAccess() and getSharingPermission().

編集者を取得する
Get Editors

ファイルIDを指定して、スプレッドシートの編集者を取得するコードです。
The code below means "Get editor of the Spreadsheet".

スプレッドシートの「ファイルID」についてはこちらをクリック
What is File ID? click here↑

コード.gs
function myFunction() {
  var ss = SpreadsheetApp.openById(Spreadsheet_File_ID);
  var editors = ss.getEditors();
  Logger.log(editors);
}
意訳.gs
この処理は以下を実行する
指定したファイルIDのスプレッドシートを取得して
編集者を取得して
ログに出す



閲覧者を取得する
Get Viewers

ファイルIDを指定して、スプレッドシートの閲覧者を取得するコードです。
The code below means "Get viewer of the Spreadsheet".

コード.gs
function myFunction() {
  var ss = SpreadsheetApp.openById(Spreadsheet_File_ID);
  var viewers = ss.getViewers();
  Logger.log(viewers);
}
意訳.gs
この処理は以下を実行する
指定したファイルIDのスプレッドシートを取得して
閲覧者を取得して
ログに出す



オーナーを取得する
Get Owner

ファイルIDを指定して、スプレッドシートのオーナーを取得するコードです。
The code below means "Get owner of the Spreadsheet".

コード.gs
function myFunction() {
  var ss = SpreadsheetApp.openById(Spreadsheet_File_ID);
  var owner = ss.getOwner();
  Logger.log(owner);
}
意訳.gs
この処理は以下を実行する
指定したファイルIDのスプレッドシートを取得して
オーナーを取得して
ログに出す



編集者と閲覧者とオーナーについて

共有設定の以下のそれぞれの情報を取得します。





おまけ


DriveApp.getFileById("FILE ID")


コード.gs
function myFunction() {
  var file = DriveApp.getFileById("FILE ID");
  var owner = file.getOwner();
  var email = owner.getEmail();
  Logger.log(email);
}
意訳
この処理は以下を実行する
ドライブの中から指定したファイルIDを見つけて
オーナーを取得して
メールアドレスを取得して
ログに出す


↑これでも同じように取得することができるようです


参考サイト
https://developers.google.com/apps-script/reference/spreadsheet/spreadsheet